スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙あふれて / 浜田省吾 (1978) 

自分が厨房の頃、音楽に関する最も重要な情報源はFMラジオだった。


音楽に興味を持ち始めた当初は父親のお古のラジカセを使っていたのだが、中二の秋に14歳の誕生プレゼントでシステムコンポを買ってもらってからは、ステレオで鳴るFMの音に感激してFM雑誌を片手に片っ端からエアチェックしまくったものだった。
エアチェックなんて言っても、もう今時の若い人にはそれ何?おいしいの?って感じなんだろうけど、要はラジオで流される曲目をアナログの磁気テープに録音していたのだ。
テープ代はかかるものの録音はタダでできるので、金のない厨房にとってはものすごく貴重な音楽ソースだった。当時の自分の音楽体験の80%以上はFMのエアチェックによるものだったんじゃないだろうか。残りのうち10%が友人から借りるソースで、自己資金で調達したソースなんて10%もなかっただろう。エアチェックして気に入ったものの中から、どうしてもレコードで持っておきたいものを買うという形だった。

FM雑誌に曲目が載っている場合は事前に用意してタイマー録音なんてこともできるけれど、リクエスト番組だと何がかかるかわからないからずっと張ってなければならない。
DJの下らないおしゃべりに飽きてちょっと油断してると、知らないうちに次の曲がかかっていて曲名やアーティストがわからなかったりすることも多々あった。

今みたいにネットでググればいくらでも情報が出て来るわけじゃない。
ネットの通販サイトで視聴できるわけでもない。
自分の気に入った音に出会うためにかけていた労力は今思うと物凄いものがあった。
とにかくいい音楽に出会いたいという一心、というわけでもなかったのかもしれない。
全身全霊を込めてエアチェックに命をかけるという行為自体が楽しかったという側面も否定はできないだろう。



FMで最初に浜田省吾を聴いたのは最も熱心にエアチェックをしていた中三の時だった。

NHKローカルFMのリクエスト番組の今週のリクエストベスト3、みたいなコーナーで彼の新しいシングル「涙あふれて」が紹介されていたのを鮮明に記憶している(順位は定かでないけど)。
「風を感じて」がカップヌードルのCMソングになって中ヒットするちょうど1年くらい前の話だ。浜田省吾史的にはいわゆる暗黒時代に相当する頃。
広島(実際には呉だけど)出身だからというわけでもないのだろうけど、その番組では浜田省吾は妙に人気があった。
まあ、実際は親戚縁者や知人がリクエストしてただけで、広島ローカル局の番組だから10票も集まればベスト3に入っちゃうのかもしれないけど、真相は何であれ、自分は全国的には全く無名だったはずのアーティストのその曲を一発で気に入ってしまった。



ホテルのバーに座り 雨の中に消えてく 君の後姿 僕は見てる


イントロもなくいきなり始まるその曲は、メロディアスで切なく、それでいて少なくとも当時蔓延していた「ニューミュージック」系の曲とは明らかに異なる「ロック」の肌触りを感じさせた。
当時の自分は"Darkness on the Edge of Town"でBruce Springsteenと出会って間もない頃である。
"Prove It All Night"がロックなら、これもロックだ。

「涙あふれて」は何週か連続してリクエストベスト3にランクインしていた。
繰り返し聴いているうちに他の曲も聴きたくて我慢できなくなり、シングルから一ヶ月遅れでリリースされた彼のニューアルバム「Illumination」を買いに行った。

そして、自分は完璧に失望することになる。

今思えば「Midnight Blue Train」や「片思い」は、初期の浜田省吾を代表する名曲だと思うが、「涙あふれて」に魅せられた自分が求めていたのは、ポップ・シンガーやバラード・シンガーとしての浜田省吾ではなく、ロックンローラーとしての浜田省吾だったのだった。
このアルバムは当時の流行の「ニューミュージック」のアルバムになっていた。
浜田省吾自身もこの当時の活動について後に「ポップなメロディを書くこと」を過剰に求められることに違和感を感じていたと述べているが、要するにそういう時代だったのだろう。ロックンローラーではなくシンガーソングライターであることを求められる時代、だった。
自分がこのアルバムに感じた違和感は、その後追体験したBruce Springsteenの最初の2枚のアルバムに感じた違和感と同種のものだったのかもしれない。


自分が“ロックンローラー”浜田省吾に再会するのは、2年後の「Home Bound」のリリースまで待たなければならなかった。
その頃はもうエアチェックへの情熱もだいぶ失ってしまっていたが、2年前「涙あふれて」に出会ったのと同じ番組で「Home Bound」からの先行シングル「明日なき世代」を聴いた時に、それこそ♪稲妻が俺の体突き抜け♪たのだった。
続いてリリースされた「Home Bound」は紛うことなきロック・アルバムだった。
1曲目の「終わりなき疾走」は浜田省吾にとっての"Born to Run"だった(ベタだけど)。

その後の彼の飛躍は、わざわざここで書くことも無いだろう。
武道館を満員にし、アルバムチャートで1位を獲り、トレンディードラマの主題歌は200万枚を超える売上を上げるようになった。
そうした巨大な成功に、自分は興味が無いとは言わないけれど、どこか遠くまで行ってしまったという思いは否めない。
あの時、「涙あふれて」から「明日なき世代」までの2年間に彼に何が起こったのかはわからないけれど、その2年の落差を実体験した記憶こそが自分にとっての浜田省吾のほぼ全てということになるのだろう。


Illumination Home Bound

スポンサーサイト

コメント

革命という幻想に色濃く支配された空気が、
69年をピークに急速に希薄になっていく中、
遅れてきた青年と女達は
何か同種の薄い空気をすっていました。
そんな時代の同じような人種のにおいが
「生まれたところを遠く離れて」にはありました。
その後 売れる商品を要求されつつも
その紆余曲折を
「Home Bound」に見事結実させましたよね。

浜田省吾といえばカラオケタブーリストの上位にランクされる「もうひとつの土曜日」しか知りませんでしたがひょんなことから「愛の世代の前に」を入手、何とも言えないシンプルな造りにノスタルジーをかき立てられハマりつつあるところです。

ものすごい遅レスで申し訳なし。

>skyfish様

浜田省吾は実際高校時代から積極的な学生運動家だったようで、売れる前の作品には、いわゆる挫折したサヨク活動家臭がしたことも事実。
「愛の世代の前に」以降というのは売れたことでそのサヨク臭さをストレートに出すようになったと思うんですが、リスナーにはあまり伝わってなかったようで。

>jackyhk様

「愛の世代の前に」から「Down by the Mainstreet」あたりがセールス的にも商業的にも彼の活動のピークだろうと思います。
どーみてもBruce Springsteen Wanabeなんですが、それもこれくらいあからさまにやってくれると、潔くて心地良いです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acnalbasacnoom.blog65.fc2.com/tb.php/18-e4cf6189

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。