スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thank You For The Music / ABBA (1977) 

随分長いことほったらかしにしちゃってますが、コメント欄で煽られちゃってる通り、勢いで始めたもののネタが切れちゃってました。
正確に言えば、書きたいネタはあるけど纏まらないというか。

その時の気分に任せて好きなネタを書くというスタイルではなかなか続かないと言うことがわかりましたので、これからは秩序立てて書き進めて行きたいと思います。
秩序と言えば時代順でしょうが、ポップ・ソングについて語るというこのblogの意図を正確に反映するとなると、ガーシュウィンやクルト・ワイルあたりから始めなければならなくなって、めちゃくちゃ大げさな話になってしまうので却下。
だいたい「マック・ザ・ナイフ」なんて、尾藤イサオが歌ってたということくらいしか知りませんよ(半嘘)。


こーゆー場合、安直ではありますが、やはりアルファベット順が無難ですかね。
大概CDなんかを整理する時はアルファベット順ですし。


っつうわけで、まずはABBAです(当然)。

ABBA


アルファベット順でこれに勝てるとしたら、Hank Aaronくらいでしょうが、Hank Aaronは日本のホームラン王とは違って「白いボール」みたいな曲をレコーディングしてないと思うので対象外です(「ベースボール・ブギ」なら可能性はありそうですが<ないよ)。
また、こーゆーケースではファミリーネームでソートするのが一般的なので、Aaron NevilleとかAaron Carterは頭文字Aにならないので要注意。
ちなみに、あいうえお順だと阿井英二郎が最強だと思われます<野球選手だって。
いろは順だと(ry(割愛)。



ということでどーでもいい話が続きますが、自分史的に振り返ってみますと、いわゆる「洋楽」を聴き始めた厨房の頃、最もセールス・パワーがあった舶来アーティストがABBAでした。
その当時(1970年代後半)はまだMTVもありませんし、広島あたりの田舎だとFM局だってNHK1局だけでした。舶来のレコードを売っている店も皆無ですし、近所の本屋ではロッキング・オンすら手に入りませんでした。
そんな状況下で厨房が「洋楽」へ入っていくとしたら、いきなりZeppとかCrimsonとかSex Pistolsなんかから入るのはむしろ少数で、もう少しソフトサウンディングな「洋楽ポップス」が入り口になることが多かったであろうことは容易に想像できます。
ABBAは厨房の洋楽入門編として非常に適していたアーティストだったと言えるでしょう。
スウェーデン出身で英語が母語でないため、歌詞が比較的単純でわかりやすかったという点も大きかったでしょうし、男女二人ずつ二組の夫婦の4人組ということでファミリー的なアトモスフィアを醸し出していたのも「洋楽=エレキ=不良」的なステレオタイプとは異なる安心感があったとも言えます。

自分の場合、洋楽に入ったきっかけはThe CarpentersやOlivia Newton Johnであって、ABBAは入り口あたりでウロウロしてたときに出会ったので、それほど思い入れがあるわけではないのですが、1978年に公開された"ABBA The Movie"は映画館まで見に行きました。
"ABBA The Album"も合わせて買いました。
この当時のABBAは欧州での大成功に続いてアメリカでも一定量の成功を収め、残された大きなマーケットは日本だけということで、日本市場に対して非常に大がかりなプロモーションを仕掛けて来たのですが、年端もいかない純朴な洋楽少年になりたてだった私は、思いっきりレコード会社のプロモーション戦略に乗せられてしまったわけです。

まあ、田舎の厨房なんてそんなもんでしょう。




この"ABBA The Album"は映画のサントラ的な位置づけだったアルバムですが、実際には因果関係は逆でこのアルバムのプロモーションとして"ABBA The Movie"があったということでしょう。
"ABBA The Movie"は1977年のオーストラリア・ツアーの模様を収録したライヴ・ドキュメントですが、映画の内容はあまり覚えていません。
ラストの"Thank You For The Music"が感動的だったのは記憶にありますが、こちらの曲目を見てもあまり記憶が甦って来ません。"Take a Chance on Me"入ってなかったんだ。へえ~。
(YouTubeに宣伝用のトレーラーがあってたのでリンクしておきます。)


ABBAへの興味はこの時がピークで、結局それ以上盛り上がることも無く過ぎて行きます。
Madonnaの"Hung Up"を聴くまでは、古き良き記憶の中に埋没していました。
恐らくはまた埋没してしまうのでしょうけど。



1990年代の初期にErasureがABBAのカバーEPを出したりして一瞬盛り上がった時にリリースされたベストアルバム。
全英1位。
代表作はほぼ網羅されているので、コアなファンで無い限りこれ一枚あれば充分と言えるが、"Eagle"と"Summer Night City"が入っていないのが難点か。
こちらのスペシャル・エディションならば、ボーナスディスクに"Summer Night City"が収録されているが、"Eagle"は入っていない。
400円分の価値があるかどうかは微妙。



っつうことで、次回はABCの"The Look of Love"(アルファベット順)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acnalbasacnoom.blog65.fc2.com/tb.php/14-f98c372c

ABBA

ABBAABBA(アバ)は、世界的なヒット曲で知られるスウェーデンの音楽家|ミュージシャン男女4人グループである。 1970年代半ばから80年代初頭にかけて活躍し、「POP Musicの完成者」と呼ばれる。メンバー*アニエッタ・フォルツコグ(Agnetha F?ltskog)*ビ
  • [2007/02/07 08:32]
  • URL |
  • ミウの日記 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。