スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Lunatics (Have Taken Over The Asylum) / Fun Boy Three (1981) 

ABCのエントリ以降変なスイッチが入っちゃって、Rhinoの"New Wave Hits of the 80s"を全部引っ張り出して一気に聴いちゃうみたいな黄昏オヤジぶりを発揮している今日この頃。
80年代初期というと、自分は十代の終わり。青春まっしぐらですよ。
いやあ懐かしかった。

このシリーズって、70年代の一発屋さんを集めた有名な"HAVE A NICE DAY"の80年代ニューウェイヴ版的な位置付けだと思うんだけど、一日で全15巻通して完聴という苦行の末の感想としては、今聴くとプププみたいなどーにも何かの間違いとしか思えないようなものから、時代の徒花だと思っていたのに意外といけてんじゃんと思わず再評価しちまうようなものまで幅広く取り揃えてるのがRHINOっぽいといえる。
プププなものについてはSpandau BalletとかSpandau Bal(ryとかSpandau(ryとか一々固有名詞を挙げても意味ないのでよしとくけど、それにしてもSpand(ryのプププぶりは当時から際立っていたとは言え改めて聴くとものすごいものがある。音楽でここまで人を笑わせられるというのはある種の才能だ。

てな話をし始めると止まらなくなるので、この辺でやめといて、本題。

Fun Boy Three


意外とイケてると思った中の一つが、Terry Hallが率いてたFun Boy Three。
ポスト・パンクの一つの潮流となったスカブームの立役者The Specialの片割れでありながら、前身とは全く異なる、よく言えばバラエティに富んだ、悪く言えば焦点の定まらない音楽性が、Terry Hallの独特のパーソナリティと相俟って賛否両論を呼んだニューウェーヴ・ポップ・ユニット。
ニューロマやブリティッシュ・インヴェージョンが花開く前のイギリスのポップ・フィールドでそこそこの商業的成功を収め(6枚の全英Top20ヒットを輩出)、一部のスノッブな評論家(今野雄二とかw)からは高い評価も受けたけれど、全体としては地味な位置付けということになるのではないか。

Terry Hallというと、この後に結成したThe Colourfieldのファースト"Virgins & Philistines"は結構気に入ってたのだけど、Fun Boy ThreeはDavid Byrneがプロデュースしてたりして今野雄二銘柄だったのでバリバリのロキノン派だった自分としては評価しづらいところはあった。
じゃあ嫌いだったのかというとそうでもない。
自分の記憶が確かならアナログで2枚目のアルバムを持っていたはずである。
「はず」というあたりに自分のいい加減さが表れているが、少なくとも"Tunnels of Love"とか"Our Lips Are Sealed"を自宅のステレオで聴いていた記憶はあるので、何らかの形で音源を所有していたのは間違いない。
今野雄二が褒めてたのに自ら進んで聴いてたということは、本当は相当好きだったということなんだろう。
20余年の月日を経て、ようやくわかったよ。
てゆーか素直になっただけか。遅すぎるけど。


Amazonではオリジナルアルバムは全てsold outになってて落胆したのだが、HMVでチェックしたら2枚目の"Waiting"だけ生きてたので速攻ポチ買い。
3枚買うと15%引きで879円になるのでPaul Collins' BeatとThe Belle Starsのコンピレーションも合わせて買ったのは内緒だ。
どっちも結構いいじゃんと思ったのは更に誰にも言えない秘密。

"New Wave Hits of the 80s"のシリーズにはThe Lunatics (Have Taken Over the Asylum)(Vol.11)と"Our Lips Are Sealed"(Vol.12)が収録されている。
最大のヒット曲である"Tunnels of Love"が入ってないのがいかにもRHINO的。

"The Lunatics (Have Taken Over the Asylum)"は彼らのデビュー曲で、単調なエスニックビートに乗せた単調なマイナーメロディーで「基地外が精神病院を支配している」とほとんど名誉毀損並のサッチャー政権批判を歌うというなかなかにシュールな曲。
ひょっとするとAdam & the Antsあたりに影響を与えたニューロマの先駆的な見方をされてるのかもしれないけど、多分過大評価だと思う。
自分が今回聴き直して改めて惹かれたのは、このイカサマなエスニック・サウンドこそがTerry Hallらしさを象徴しているような気がしたからだ。The Colourfieldのひねたポップ・グルーヴの根っ子にはどーにも陰気なやる気のなさがあるということに改めて感じ入ったというべきか。

考えてみれば、ポスト・パンク・シーンの中で、エモーショナルでオールドファッションなバンドのフロントマンとして一世を風靡し、将来を嘱望されながらセカンド・キャリアで周囲の期待から背いて自らの趣味性を強く表に出した活動で批判を受けた、という見方で捉えると、Terry Hallの歩み(少なくともSpecials脱退後まで)はPaul Wellerのそれと類似すると言える。
実際、Terry HallはPaul Wellerのポジションを獲りたかったんじゃないかと思わないでもないし、Style CounsilとFun Boy Threeを比べたら、その当時の評価とは逆に、創造性という点ではFun Boy Threeの方に軍配が上がるのかもしれないと思ったりもするけれど、結局のところTerry Hallには真剣さが足りなかったんじゃないかと言う気がしてる。
Paul Wellerはシニックでありながらも、リヴァイヴァリストでありハイフライヤーでもあったけれど、Terry Hallは徹頭徹尾シニックであり続けたってことなんだろう。
比較的批評家からの受けも良かったThe Colourfieldでの活動にしても、そのクォリティの高さを評価する声はあっても、Terry Hallを次代のポップ・アイコンとみなすような声はほとんど聞かれなかった。
あのクォリティをそのまま受け取ればPaul WellerでもRoddy FlameでもGeorge Michaelでもなく彼こそが1980年代のポップミュージックをドライブしていく天才なのだと、勘違いする人間が多少はいても不思議ではなかっただろうに。
そういう評価を瞬時に拒否させるような、圧倒的な緩さといい加減さがTerry Hallにはある。
次代を切り拓き、時代を引き受ける覚悟などとは無縁の場所に、彼はいるのだろう。
だからこそ、長く活動を続けられているという面はあるに違いない。



完全な余談だが、"Fun Boy Three"でググると比較的上に出て来る音楽系のポータル、エキサイト・ミュージックでも、goo音楽でも「ファンボーイゼア」になってる。
gooに至っては英語表記まで"Fan Boy There"だ。
さすがにちょっとひどくない、これ?


New Wave Hits of the '80s Vol.11 New Wave Hits of the '80s Vol.12
RHINOの"New Wave Hits of the '80s"。
80年代ニューウェーヴポップを語る上で欠かすことができないコンピレーション。
無理して語る必要もないと言われたらそれまでだが。



Fun Boy Threeのファーストアルバム。
Amazon.comでなら買える。買わなくていいと思うけど。


Virgins & Philistines
2ndの"Waiting"。
デビュー当時から比べると割とフツーのソウル・ポップ方面に走りつつも、エスニック風味は残しつつ、スカっぽいノリも復活させたりして、ちょっと風変わりなサイケ・ソウル・ポップみたいな感じに纏めてるんだけど、よく聴くと次のThe Colourfieldで花開くアコースティック・ポップ路線の片鱗が垣間見えたりして興味深い(やや強引)


Virgins & Philistines
The Colourfieldの1st "Virgins & Philistines"。
"Thinkin' of You" "Can't Get Enough of You Baby" "Take" "Castles in the Air"と80年代ギターポップを代表する名曲が満載(大嘘)。
何故廃盤なのか、理解に苦しむ。



Virgins & Philistines
Terry Hall名義での初ソロ。
The Lightning Seeds、Echo & the Bunnymen、The Bluebellsのメンバーがバックを固め、Andy Partridge、Nick Heyward、Damon Albarnが曲を共作した、ニューウェーヴ・ポップ・オールスターズみたいな作品。
割と最近だと思ってたらもう10年以上も前だった(1995年)。
これもsold out。Terry Hall復古主義者にはかなりアゲンストな感じ。
とりあえずTerry Hallの音楽活動を振り返るならこれなんか結構いいんじゃないか。


スポンサーサイト

Puttin' On the Ritz / Taco (1983) 

今回はAC/DCについて書く予定でしたが、このペースでいくと一生かかってもZZ TopやFrank Zappaについて書けなくなってしまうので、アルファベット順はやめにします。
すいません。



前エントリで80年代のMTV系一発屋のビデオクリップを漁ってて面白いものを発見したので紹介しときます。

曲はTacoの"Puttin' On the Ritz(踊るリッツの夜)"。
オリジナルは1929年にリリースされたFred Astaireの曲ですが、彼は1946年の映画「ブルースカイ」の中でこの曲に合わせて見事なダンスを披露しています(曲は口パクだと思いますが)。

その映像がこちら。


(たぶん著作権切れなので大丈夫)


曲をTacoバージョンに変え、Fred Astaireがそれに合わせて踊っているかのようにリメイクしたのがこちら。


(著作権的にはかなりヤバい)

すげーっす。
ホント、うまくできてます。
まるでFred Astaire本人が歌ってるみたいですな。


これだけじゃアレなので、蛇足ですが、曲について補足しときます。

この曲は、"White Christmas"や"There's No Business Like Show Business"などで知られる戦前のティンパンアリーを代表する名作曲家Irving Berlinが1929年に書いた曲。
Fred Astaireのバージョン以外にもHarry Richmanという人が歌ったバージョンもかなりポピュラーで、1930年に彼の主演でこの曲を主題にした映画も作られたようですが、演技力が足りなかったために逆効果となりその後は泣かず飛ばずとなってしまったとのこと。→"Puttin' on the Ritz - Wikipedia"参照

カバーバージョンをヒットさせたTacoは本名Taco Ockerse。オランダ人の両親の間にインドネシアで生まれた西ドイツ国籍のアーティストで、このTacoバージョンはビルボードで4位まで上がるヒットとなりました。
これ以降彼の曲でビルボード100にチャートインした曲はありません。
かなり由緒正しい一発屋です。
一つ前のエントリにも書きましたが、プロモーションで日本に来た時、テレビ番組(「笑っていいとも」という説多し)で蛸を食べさせられてたというエピソードは結構有名。てゆーか、それ以外あまり語ることが無かったりします。
このカバー・バージョンはチープだけど、怪しげな無機質性をうまく演出していて悪くない出来だと思うんで、この曲がここまで売れちゃって色物視されたことが却って徒になってしまったような気はします。
それがどれだけの損失を音楽シーンにもたらしたかというと極微小ではあろうかとは思いますが。

The Look of Love / ABC (1982) 

予告しちゃったんでエントリ上げます。

が、冷静に考えてABCについて特段主張すべきことがあるとも思えないので、YouTubeから当時を偲ばせるニューロマ/MTV系一発屋さんたちのビデオクリップを集めて来てお茶を濁すこととしましょう。

あ、ちなみにアメリカにおけるABCの最大のヒット曲は"When Smokey Sings"だということは意外と知られていないので、注意が必要です(っつうことで、ABCは一発屋じゃないよ)。


The Look Of Love / ABC

♪ABC、ABC、ああ、E気持ち~(違)

Safety Dance / Men Without Hats

完全なコミックソングノリですが、意外とはまります。

Puttin' on the Ritz / Taco

フレッド・アステアのカバー。
歌ってるタコさんは「笑っていいとも」に出てタコ食わされてました。

The Riddle / Nik Kershaw

タイトルはなぞなぞ。ビデオクリップはわけがわからん。

Jenny (867-5309) / Tommy Tutone

アメリカの一発屋さん。当時、全米各地のこの電話番号の家は災難だったそうで。

Rock Me Amadeus / Falco

オーストリアの一発屋さん。映画「アマデウス」への便乗企画。

99 Luftballons / Nena

Neunundneunzig Luftballons, auf ihrem Weg zum Horizont...
ドイツ語の勉強にうってつけでした。

Mickey / Toni Basil

ゴリエのカバーでおなじみ。
歌ってるトニーさんはこの当時既に三十路後半でした。怖いです。

One Night in Bangkok / Murray Head

ABBAの男性二人、BjornとBennyが書いたミュージカル「チェス」の挿入歌。
カッちょいい。

Open Your Eyes / Lords Of The New Church

ポストパンクのスーパーバンド!

Fade to Grey / Visage

パンク/ニューウェイヴ・シーンの寄生虫たるSteve Strangeのプロジェクトで、ニューロマのオリジネイター(嘘)。
Ultravoxはここから生まれました(やや真)。

Never Ending Story / Limahl

LimahlはKajagoogooで"Too Shy"、ソロでこの曲と2曲の一発屋体験を持つ稀有なアーティスト。
いうなれば、バンバンで「いちご白書をもう一度」、ソロで「SACHIKO」のヒットを飛ばしたばんばひろふみのような存在ですね。


次はAC/DCか?

Thank You For The Music / ABBA (1977) 

随分長いことほったらかしにしちゃってますが、コメント欄で煽られちゃってる通り、勢いで始めたもののネタが切れちゃってました。
正確に言えば、書きたいネタはあるけど纏まらないというか。

その時の気分に任せて好きなネタを書くというスタイルではなかなか続かないと言うことがわかりましたので、これからは秩序立てて書き進めて行きたいと思います。
秩序と言えば時代順でしょうが、ポップ・ソングについて語るというこのblogの意図を正確に反映するとなると、ガーシュウィンやクルト・ワイルあたりから始めなければならなくなって、めちゃくちゃ大げさな話になってしまうので却下。
だいたい「マック・ザ・ナイフ」なんて、尾藤イサオが歌ってたということくらいしか知りませんよ(半嘘)。


こーゆー場合、安直ではありますが、やはりアルファベット順が無難ですかね。
大概CDなんかを整理する時はアルファベット順ですし。


っつうわけで、まずはABBAです(当然)。

ABBA


アルファベット順でこれに勝てるとしたら、Hank Aaronくらいでしょうが、Hank Aaronは日本のホームラン王とは違って「白いボール」みたいな曲をレコーディングしてないと思うので対象外です(「ベースボール・ブギ」なら可能性はありそうですが<ないよ)。
また、こーゆーケースではファミリーネームでソートするのが一般的なので、Aaron NevilleとかAaron Carterは頭文字Aにならないので要注意。
ちなみに、あいうえお順だと阿井英二郎が最強だと思われます<野球選手だって。
いろは順だと(ry(割愛)。



ということでどーでもいい話が続きますが、自分史的に振り返ってみますと、いわゆる「洋楽」を聴き始めた厨房の頃、最もセールス・パワーがあった舶来アーティストがABBAでした。
その当時(1970年代後半)はまだMTVもありませんし、広島あたりの田舎だとFM局だってNHK1局だけでした。舶来のレコードを売っている店も皆無ですし、近所の本屋ではロッキング・オンすら手に入りませんでした。
そんな状況下で厨房が「洋楽」へ入っていくとしたら、いきなりZeppとかCrimsonとかSex Pistolsなんかから入るのはむしろ少数で、もう少しソフトサウンディングな「洋楽ポップス」が入り口になることが多かったであろうことは容易に想像できます。
ABBAは厨房の洋楽入門編として非常に適していたアーティストだったと言えるでしょう。
スウェーデン出身で英語が母語でないため、歌詞が比較的単純でわかりやすかったという点も大きかったでしょうし、男女二人ずつ二組の夫婦の4人組ということでファミリー的なアトモスフィアを醸し出していたのも「洋楽=エレキ=不良」的なステレオタイプとは異なる安心感があったとも言えます。

自分の場合、洋楽に入ったきっかけはThe CarpentersやOlivia Newton Johnであって、ABBAは入り口あたりでウロウロしてたときに出会ったので、それほど思い入れがあるわけではないのですが、1978年に公開された"ABBA The Movie"は映画館まで見に行きました。
"ABBA The Album"も合わせて買いました。
この当時のABBAは欧州での大成功に続いてアメリカでも一定量の成功を収め、残された大きなマーケットは日本だけということで、日本市場に対して非常に大がかりなプロモーションを仕掛けて来たのですが、年端もいかない純朴な洋楽少年になりたてだった私は、思いっきりレコード会社のプロモーション戦略に乗せられてしまったわけです。

まあ、田舎の厨房なんてそんなもんでしょう。




この"ABBA The Album"は映画のサントラ的な位置づけだったアルバムですが、実際には因果関係は逆でこのアルバムのプロモーションとして"ABBA The Movie"があったということでしょう。
"ABBA The Movie"は1977年のオーストラリア・ツアーの模様を収録したライヴ・ドキュメントですが、映画の内容はあまり覚えていません。
ラストの"Thank You For The Music"が感動的だったのは記憶にありますが、こちらの曲目を見てもあまり記憶が甦って来ません。"Take a Chance on Me"入ってなかったんだ。へえ~。
(YouTubeに宣伝用のトレーラーがあってたのでリンクしておきます。)


ABBAへの興味はこの時がピークで、結局それ以上盛り上がることも無く過ぎて行きます。
Madonnaの"Hung Up"を聴くまでは、古き良き記憶の中に埋没していました。
恐らくはまた埋没してしまうのでしょうけど。



1990年代の初期にErasureがABBAのカバーEPを出したりして一瞬盛り上がった時にリリースされたベストアルバム。
全英1位。
代表作はほぼ網羅されているので、コアなファンで無い限りこれ一枚あれば充分と言えるが、"Eagle"と"Summer Night City"が入っていないのが難点か。
こちらのスペシャル・エディションならば、ボーナスディスクに"Summer Night City"が収録されているが、"Eagle"は入っていない。
400円分の価値があるかどうかは微妙。



っつうことで、次回はABCの"The Look of Love"(アルファベット順)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。